ミニチュアダックスのヘルニアと寝姿勢の関係について

「ヘルニア」は人間にも動物にも共通する病気です。日常生活においての正しい姿勢は腰への負担を減らし腰痛の予防にも効果的です。ミニチュアダックスは胴の長さに対して足が短いといった特殊な体型である為、この病気にかかりやすい犬種である事はご存じかと思いますが、普段から気をつけて欲しいのが「姿勢」です。
中でも、長時間になる寝姿勢について、ミニチュアダックスがヘルニアにならないためのポイントをご説明いたします。この病気の予防や対策として役立てていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのヘルニアと寝姿勢

41ccbda350a05ec636973970f9c8a3af_m

まず、頻繁によくする抱っこですが
ミニチュアダックスを抱っこする時に気をつける事は
腰の負担を考え、片手で前足をかかえ
もう片手で胴を支える感じに抱っこするのが基本となります。
立たせる姿勢の抱っこはダメです。

よく見かける芸で“ちんちん”がありますが、これも腰に負担がかかります。
あまりさせない方がいいかもしれません。

次に、寝姿勢ですが、最も背骨の負担のかからない姿勢は
「背中をやや丸めて横向きに寝かせる姿勢」です。
背中を丸める事で骨と骨の間隔が広がって脊髄への負担が軽くなります。
我が家のミニチュアダックスもこの姿勢でいつも寝ています。
ヘルニアを患って痛みがあり場合などは、このような寝姿勢も大事ですが
とにかく「安静」が一番大切です。
楽な姿勢で安静を心がけてあげましょう。

この「安静」が出来ないとヘルニアは悪化する可能性が高いのです。
また、「伏せ」をして顎(あご)を低い枕に寝せているポーズを犬はよくしますよね。
この状態がミニチュアダックスにとって一楽な姿勢のようです。

犬の寝方は好みにもよりますが
たとえ痛みがあっても、一番楽な姿勢を求め体制を変えてくるはずです。
あまり神経質になる必要もないと思います。

余談ですが、寝る時はふかふかの布団は体が沈みこみすぎるのであまり良くないそうです。
かといって硬すぎるのも骨に負担がかかるので
柔らかすぎず硬すぎず、寝がえりしやすい形で検討してあげましょう。

また、ミニチュアダックスがその場で排尿してしまった時の事も考えて
素材を選ぶこともおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

寝姿勢は安眠へと繋がります。
これは人間もミニチュアダックスも同じ事。

日中であれ寝る時であれ姿勢は大切です。
ヘルニアによって睡眠時間が削られてしまうと体全体に悪影響を及ぼす事になります。
少しでも不安を感じたのであれば早めに病院で相談しましょう。

ミニチュアダックスを飼う以上、飼い主として心地よい環境づくりはかかせないです。
気をつけてあげましょうね!

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床