ミニチュアダックスのヘルニアを再発させないポイント

短い脚に長い胴が特徴のミニチュアダックスフンド。とても人気があります。

短い脚でちょこちょこ歩く姿は、とても愛らしく可愛いですよね。

ですが、この短い脚であるために、長い胴体を支えきれず“ヘルニア”になりやすい犬種でもあります。

今回、人間にも共通するヘルニアでミニチュアダックスが「再発」を防ぐ方法などを詳しくご説明いたします。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスがヘルニアになる理由

ヘルニアとは椎間板(骨と骨の間にあるゼリー状のようなもの)に負担をかけてしまうと、ゼリー状のクッションが変形して椎間板の役目が難しくなってしまい神経を圧迫し、背中に痛みを感じる病気です。

ミニチュアダックスがヘルニアになりやすい第一の理由は脚の短さです。

胴の長さに対して脚が短すぎる特殊な体型だからです。

ですが、短い足に負けず、性格は活発です。

よく走り回りジャンプも大好きです。

こんな普通の行動がダックスにとってはとても負担になるのです。

あとひとつの理由は肥満です。

おなかに脂肪をつけてしまうと関節への負担も大きくなります。

適度な運動で良い筋肉をつけ太らせない食事を心がける事が再発の防止にも大切です。

スポンサードリンク

ヘルニアの注意点と再発の症状や防止策について

全てのダックスフンドがヘルニアにかかる訳ではありません。

ですが、もしヘルニアになってしまい、治療で良くなったとしても、「再発」をしてしまう可能性が高いのが現状です。

この病気は完治が難しいため、「再発」の確立も高くなる訳です。

それではどのような症状の時に再発してしまうのでしょうか。以下の様な症状が考えられます。

◯歩き方が不自然(背中を丸めて歩いたり、よたよた歩く)
◯抱っこするとキャンと鳴いたり、嫌がる動作をする
◯動きが止まり、けいれんしているように震えだす
◯動くことも、歩くこともできない

以上のような症状がミニチュアダックスに出たら、再発を疑いすぐに病院で診察しましょう。早めの治療が大切です。

そして、再発させないポイントは以下の様なポイントですので、御参考にしていただきたいと思います。

◯治療後の激しい運動は絶対に止めましょう。再発する確率を高めるだけです
◯散歩はゆっくりしたペースで歩かせます。症状を見ながら無理せず序所に運動量を増やしていきます
◯足場の悪い道は避けましょう。芝生など柔らかい所が理想です
◯最近は犬用サプリメントの種類が豊富になってきました。ダックスには関節に良いとされているコンドロイチン(動物用)をおやつ代わりに与える事も防止策になります
◯フローリングは滑りやすい為、転びやすくなります。犬が滑らないように開発されたフローリングなども今はあります。

まとめ

治療で良くなっても、注意を怠ると再発するヘルニア。

ただ、あまり神経質になるのも飼い主にとってはストレスですよね。

油断も禁物ですが焦りも禁物です!ゆっくり時間をかけてミニチュアダックスを見守ってあげましょう!

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床