ミニチュアダックスのヘルニアをMRIで検査できる?

愛犬の動きがおかしいと感じた場合、まず病気を疑いますよね。
すぐに調べたいところですが、どうせなら徹底的に調べたいものです。精密検査というとMRIを思い浮かべますが、犬スでも利用できるのでしょうか。
今回はミニチュアダックスのヘルニアとMRI検査の関係についてお伝えします。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスでもMRIを利用できるの?

016

出典URL:http://medical-treatment.org/material/016.png

そもそもMRIとは、磁気と電波の力により原子の形を画像に撮影する技術を指します。
X線撮影やCTスキャンのようにX線は使用しません。
立体的に身体の内部を目視確認することが出来るため、脊髄神経の炎症というヘルニアのような診断の難しい病気でも一目瞭然なのが利点です。
どこがどのように悪いのか原因を特定することは、内科治療にも外科治療にも重要な情報になります。
また具体的な異常が分かるので、「ミニチュアダックスの具合がヘルニアで悪いようだけど見た感じ異常がないから様子を見る」ということがないので、精神的にもすっきりします。

そしてこの検査は人間だけではなく、ミニチュアダックスのような犬でも受けることが出来ます。
X線を使用した撮影方法の場合被曝量が心配ですが、MRI検査はその心配がいりません。

しかしミニチュアダックスがこれを受けるためには全身麻酔が必要になります。
もしも高齢で、全身麻酔にはリスクが伴うほど体力の低下がみられる場合は、この検査を受けられない可能性もあります。

ミニチュアダックスのヘルニア、MRI検査費用の相場とは

一番気になるのが検査の費用ですよね。

ミニチュアダックスのヘルニア検査で、MRIの費用の相場は4~6万円ほどです。
個人経営の動物病院と大学附属の動物病院かでも、金額に差はあります。
一般的に個人経営の動物病院の方が割高になる傾向があるようです。
この検査は設備そのものが高額である上、検査のために全身麻酔や造影剤が必要になります。
それらの費用を合わせてこの金額となります。

スポンサードリンク

ヘルニアの検査でMRIを利用する際に気を付けたい病院選びのコツ

まず全ての動物病院にこの設備があるわけではない、ということを念頭に置いておく必要があります。
一般的にMRIの設備がない病院は手術にも対応できない病院が多いです。
これは「動物病院」とひとくちに言っても、規模や専門的な病院かどうかによって必要となる設備が変わってくるためです。
ただし高価な設備がない分、設置していない動物病院の方が検査費用などが安い傾向にあります。
そのため、費用が安いか高いかだけを判断基準に通う動物病院を決めていると、いざという時に対応できないことがあります。

また、MRI検査でミニチュアダックスがヘルニアと診断された場合、すぐに手術を行う場合もあれば、翌日や翌々日改めて手術という場合もあります。
あまりにも自宅から遠すぎると、緊急の手術なのに誰も付き添えないという事態になりかねません。
よって、まずは設備がある動物病院が近所にあるかどうかを調べるところからスタートします。

そしてMRIの画像も、読み取る獣医さんによっては問題を見逃しうる、という可能性があります。
逆に問題はないと言われても、なんとなく「この獣医さんは信用できない」と思ったら結果に疑心暗鬼になってしまいますよね。
かかりつけの信頼する獣医さんがいて、かかりつけの病院でヘルニアを調べるMRI検査が出来ない場合は、先生に信頼できる動物病院の紹介状を書いてもらうといいでしょう。
何よりも、自分で納得できる病院探しが重要です。

まとめ

ミニチュアダックスがヘルニアにかかってしまったかどうか、その診断はMRIを利用すればよりはっきりと解明することが出来ます。
また様々な身体の異常がはっきりと分かるので、健康を害した原因がなかなか掴めない場合は利用するのも手です。
MRI検査の費用は4~6万円と幅があります。
病院を選ぶ際は信頼できる獣医さんかどうかをよく見極めて下さい。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床