ミニチュアダックスのヘルニアに保険は適用できる?

ミニチュアダックスはヘルニアを発症しやすい犬ですので、備えは万全にしておきたいところです。
特に気になるのが、金銭的な負担です。大切な家族の一員の一大事に、金銭的な理由で妥協しないですむように保険を検討したいところです。
今回はミニチュアダックスのヘルニアと保険の関係についてお話しします。

スポンサードリンク

ヘルニアはミニチュアダックスの保険適用内?

screen-0

出典URL:https://image.winudf.com/100/7b4f3efee5a12d/screen-0.jpeg

保険は、人間は公的な制度や勤務先の形態に合わせたものがあります。
しかしペットには公的なものは存在しません。そのため、通常はペットにかかる医療費は100%飼い主の負担です。

ただし最近では、ペットを対象としたものを民間の会社が扱うようになりました。
人間が加入する任意のものと同じで、様々な特約を組み合わせてプランを組むことが可能です。
特にミニチュアダックスのようにヘルニアという特定の疾患にかかりやすいペットにとっては、ありがたい味方です。内容によっては、人間と同じく三割負担程度で高額な手術を受けさせることも出来ます。

ミニチュアダックスの保険加入のポイント

ミニチュアダックスのためにペット保険に加入する際に、まず気を付けたいのが「ヘルニアの手術をカバーしてくれるのかどうか」という点です。
この手術は高額ですので、適用範囲外とするものもあります。
掛け金だけで選ぶのではなく、まずは「適用されない特定疾患」がないかどうか要項をしっかりチェックしましょう。
また、この病気だけに特化したものは、少ない掛け金で手術費用までカバーできるのでミニチュアダックスには特におすすめです。

次に気を付けたいのが、「通院費用」です。
この病気を発症した場合、内科治療でも外科治療でも通院が必要になります。
場合によっては、通院の回数や一回の治療費に上限が設けられていますので注意が必要です。

最後に気を付けたいのが、「何歳まで加入できるのか」という点です。
会社によっては、最終加入年齢が7歳のところや、16歳のところもあり様々です。
また、加入時期が早ければ早いほど掛け金も下がりますので、加入は早い方がお得な場合もあります。
さらに継続すればするほど逆に出費が大きくなるものもあります。継続してもあまり掛け金が上昇しないものをあらかじめ選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

ヘルニア手術を視野に入れたおすすめの保険はこちら

「見積もりをとってみたいけど、会社が多くて候補を絞るのも一苦労」という方に、オススメの保険をご紹介します。

◯ペッツベスト◯

あらかじめ、「○○万円までの医療費をまかなう」という設定を設け、それに応じた掛け金を支払うタイプです。
ミニチュアダックスのヘルニア手術は最高で50万円ほどかかります。
その枠内でのものに加入すれば、無駄なく運用できます。
また手術にまで及ばなくても、病院に通院が必要な場合でも適用されます。
さらに加齢と共に掛け金が跳ね上がるものの中でも、最も値上げ幅がゆるやかなため長期間加入するのに適しています。
ミニチュアダックスは体系的・遺伝子的要因から幼少期からこの病気の危険と隣り合わせですので、幼いうちから加入し続けるのがベストです。
加齢と共に掛け金が一気に跳ね上がらないペッツベストは飼い主にとって便利な保険会社です。

まとめ

高額になりがちなヘルニアの医療費を、保険でカバーできるのかお伝えしました。
もしも手術が必要になると、最低でも20万円以上はかかります。この病気が適用範囲となっているか、しっかり要項を確認して加入を検討しましょう。
またミニチュアダックスの加齢に伴い掛け金も上昇していきます。初年度の掛け金だけではなく、数年後の掛け金がどれくらい上がるのかまで考慮して選びましょう。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床