ミニチュアダックスがヘルニアに~歩けるにはどうすればよい?

もしも飼っているミニチュアダックスが歩けなくなってしまったらどうしましょう。
飼い主に、何かしてあげられることはないでしょうか。
今回は、歩けなくなったヘルニアのミニチュアダックスが再び歩けるようにするために、飼い主は何が出来るのかお伝えします。

スポンサードリンク

ヘルニアで歩けなくなったミニチュアダックスがまた歩けるように、まず飼い主がすべきこと

gatag-00007363

出典URL:http://01.gatag.net/img/201506/16l/gatag-00007363.jpg

「できるだけのことはしてあげたい」と誰もが思うミニチュアダックスの歩行困難ですが、具体的にはどんな方法があるのでしょうか。
まず真っ先に行いたいのが、「動物病院で診察を受けること」です。
治療はまず、原因を特定することから始まります。
歩けるようにするために、神経を圧迫する原因を明らかにし取り除くことは不可欠です。この病気は身体の内側の疾患ですので、X線やCTスキャンを取り入れながら原因を取り除くための治療方針を決定します。
「もしかしてヘルニアかな?でもよく分からないし、しばらく様子を見よう」と思って診察から遠ざかっていると、それだけ病状が悪化します。できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

ヘルニアの症状にあわせてリハビリを行う

治療と並行して行うのが、リハビリです。
リハビリを行えるようになるのは痛みのピークが過ぎてからになります。
後ろ足が麻痺して殆ど動けない場合、まずはマッサージや鍼灸治療、温浴から始めます。
その後、水泳や歩行訓練を行います。
リハビリを開始する時期見極めは素人には不可能ですので、担当の獣医さんの指導を仰ぎましょう。

ただしリハビリを行えばすぐに歩けるようになるわけではありません。
長い時間がかかる上、ヘルニアの症状によっては歩けない子もいます。
ですが飼い主が落ち込んでいると、ミニチュアダックスは敏感にその感情を汲み取ります。
一番辛いミニチュアダックスを心配させないように、気長にリハビリは行いましょう。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスが歩けるように道具に頼ってみる

懸命なリハビリを行っても、すぐには歩けるようにならない場合もあります。
ヘルニアで、ミニチュアダックスがなかなか自力歩行を出来ないのであれば、車椅子や歩行具の活用を検討してみてはいかがでしょうか。
既製品からオーダーメイドまであり、オーダーメイドの車椅子は50000円からあります。
既製品だと30000円前後です。
自力歩行が出来るわけではありませんが、「自分の意志で移動できる」という事実は、歩けないミニチュアダックスにとっては素晴らしい気分転換になります。
飼い主の介護の負担もずいぶん軽くなるので、双方にとって貴重なアイテムです。

まとめ

飼っているミニチュアダックスがヘルニアで歩けなくなった場合、飼い主には何が出来るのかお伝えしました。
治療やリハビリなど、出来ることはいろいろあります。
大切な愛犬が歩けるようになるために何が出来るのか、しっかりと考え実行していきたいですね。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床