ミニチュアダックスのヘルニアに種類はあるの?

短足胴長のミニュチュアダックス。この体型がとてもチャームポイントですよね。
ただ、この体型であるがゆえに、心配になる病気がヘルニアです。
この病気は簡単に言うと”穴“から何かが出てくる事です。「一体何が飛び出してくるの?」と疑問に思いビックリされたかもしれません・・・!
今回は、ミニチュアダックスのヘルニアの主な種類をご紹介します。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのヘルニアの種類と症状

3a91516aa79571ed23c8e12e291feff5_m

ヘルニアの種類についてご紹介します。

◆鼠径(そけい)
足の付け根の事を鼠径といいます。この鼠径部の隙間からおなかの臓器が飛びだしてしまった状態の事です。
この種類の多くは先天的(生まれつき)といわれています。
ミニチュアダックスの後足の付け根辺りが膨れている場合は病院で診察してもらいましょう。

○下痢、嘔吐
○便秘、食欲減退

◆臍(さい)
いわゆる(でべそ)の事です。おへそから内臓の一部(脂肪など)が外へ飛び出してしまっている状態です。
すなわち(でべそ)のミニチュアダックスは臍ヘルニアという事です。
ただ、この種類は命にかかわるような重症なものは少ないです。
最悪の場合のみ腸閉塞が起こります。この場合は手術が必要です。

○便秘
○触ると痛がる

◆会陰(えいん)
肛門の周りを会陰といいます。この会陰の筋肉には隙間があります。この隙間から臓器が飛び出した状態です。
飛び出す臓器は脂肪、直腸、膀胱などが考えられます。
ミニチュアダックスの会陰部のふくらみには注意が必要です。

○便、尿がでづらくなる
○便が細くなり、量が減る
○血便

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのヘルニアでよくある種類のもの

◆椎間板
よくあるのはこの椎間板です。
椎間板(背骨の間に挟まっているクッション)が潰れて、近くの神経や脊髄を圧迫し痛みが起こる状態の事です。
この椎間板は首から腰にかけて、どの部位でも発症してしまいます。
ミニチュアダックスのヘルニアは背中や腰の発生が一番多いとされています。
人間と同じように犬も腰に負担をかける行為はこの病気の起こる原因となります。
症状は様々ですが、重症になると麻痺がおこり、半身不随になる可能性もあります。
下記の症状が見られたら早めの受診が必要です。

○元気がなくなる
○歩き方がいつもと違う、
○ひきずるように歩く
○立ち上がるのに時間がかかる
○運動を嫌がる
○体を触ると痛がる
○トイレがきちんと出来なくなる

まとめ

ご理解いただけたでしょうか?ヘルニアの種類も症状もいろいろありますが、「なんかいつもと違う・・」と感じる事があったら、まずは早めの受診が必要です。
当たり前ですが、ミニチュアダックスはしゃべる事ができません。ただ、なんらかのサインを送っているはずです。そのサインを見落とさないように注意しましょう!

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床