ミニチュアダックスがヘルニアに~安楽死について知る

愛する家族の一員ですが、ミニチュアダックスがどんなに手を尽くしても重症化したヘルニアで苦しむようであれば、「安楽死」の文字が頭に浮かぶ場合もあるのではないでしょうか。
最後までミニチュアダックスを飼うという責任を考える上で、この選択肢は避けて通れる道ではありません。
今回は知っておきたい安楽死の実情についてお伝えします。

スポンサードリンク

ヘルニアで苦しむ犬の安楽死を決意した場合の手続き

3318581625_83d96218f0

出典URL:http://farm4.static.flickr.com/3369/3318581625_83d96218f0.jpg

まずは、どんな手続きがあるのかご紹介します。
これを選択した場合、方法としては獣医師による薬剤の投与を行います。
もちろん方針として、「動物には安楽死を施さない」という獣医師もいますので、動物病院によっては行っていないところもあります。
これを検討する場合は、まずは受付がある病院を選ぶ必要があります。
そして獣医さんとの相談の上、施す場所と日時を決定し、当日を迎えます。
当日は獣医さんの手により薬剤を投与し、心配停止を確認して終了です。
ヘルニアで苦しむミニチュアダックスに苦痛を与えることなく、眠るように死を迎えます。

費用は犬の大きさや病院によって異なりますが、10000円前後が相場です。
動物病院によっては「最後を愛犬の好きな自宅の一角で看取りたい」という希望も受け容れてくれますので、日時と場所を決定する際は、納得するまで打ち合わせを行いましょう。

ヘルニアで苦しむミニチュアダックスの安楽死のメリット

安楽死を選択する際の一番のメリットは、「これ以上の苦しみを与えないで済む」という点です。
ヘルニアは症状が深刻になると自力歩行はもちろん、排泄も出来なくなり、食事も満足に取れなくなります。
常に介護が必要となったミニチュアダックスを、
「ただ生きている」ためだけに生かすことは本人にとって本当に幸福なことと言えるかどうか、
飼い主は真剣に考えて判断しなければなりません。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスの安楽死のデメリット

最も大きいデメリットは、やはり「飼い主の心の在り方」です。
ミニチュアダックス自身は言葉にして自分の今後の展望を語れませんから、飼い主がその心を代弁する必要があります。
ヘルニアで苦しんでいるミニチュアダックスを、苦しみから解き放つたつためとはいえ死を選択していいものかどうか、という倫理的な問題があります。
今は治療の効果がなくても、今後の医療の発展に伴い、なんらかの道が切り開かれるのではないかという希望は全くのゼロではありません。

また、もしも完治不能であっても、「生きている」こと自体に価値があるのですから、これを選択していいものかどうかは迷う方も多いと思います。
本当に犬のために安楽死はいいことかどうか、悩むのは飼い主です。

まとめ

ミニチュアダックスをヘルニアの苦しみから解放するために安楽死を選ぶのか、
苦しくても「生」を全うさせるために介護を続けるのか、その判断を下すのも飼い主の役目です。
良い面もあれば悪い面もあります。

よくよく考えて、自分の気持ちが整理できたら判断を下しましょう。
自分自身で選択するのが、もっとも悔いの残らない道です。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床