ミニチュアダックスのヘルニアの治療法について

ミニチュアダックスがヘルニアになってしまった場合、いろいろな治療法があります。

病院での投薬などによる治療、手術による外科的治療はもちろんのこと、鍼やお灸など、そして自宅でできるマッサージなど、様々なミニチュアダックスのヘルニア治療法を今回はご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

病院でのミニチュアダックスのヘルニア治療法

ミニチュアダックスのヘルニアの症状がまだそんなに進んでいない場合は、非ステロイド系炎鎮痛剤、ステロイドの内服、ビタミン剤などの投薬による治療法を実践します。

この場合、ケージレストといって、自宅ではケージの中で4~6週間の間はトイレ以外は絶対安静をさせます。

じつは、薬の投与よりも大事なのがこのケージレストなのです。

せっかく薬をあげていても、安静を守らなかったがために歩けなくなるというケースもあります。

狭いケージの中でかわいそうだと思うかもしれませんが、歩けなくなってしまうほうがもっとかわいそうなので、ここはぐっと我慢してケージレストを守ってくださいね。

この時、レーザー治療やコルセットで固定をして治療を行う場合もあります。

そして、症状が進んでいる場合は外科的手術をします。

この場合、きちんとヘルニアの場所を特定して手術をしなくては何の意味もありませんので、CTやMRIなどできちんとした検査をしてから手術をします。

この場合は、はみ出てしまった組織を取り出す手術になるので、術後、ケージレストは不要ですが、リハビリがすこしずつ始まります。

スポンサードリンク

自宅で出来るリハビリも

IMG_0906
出典:実家の愛犬オリーブ君です
ミニチュアダックスがヘルニアになった場合の、治療法の一つとしてリハビリについてご紹介します。

具体的にはレーザー治療、鍼、お灸、水泳、屈伸運動、歩行訓練、マッサージ、温浴療法などです。

病院などの施設などに通わないとできないリハビリもありますが、自宅でできるようなリハビリもありますのでお金がかかるものばかりではないのでご安心下さい。

お風呂でする温浴やシャワーを使ったマッサージなどは、自宅で毎日でもしてあげられるので、飼い主さんにも負担がかからすに続けてあげられるリハビリだと思います。

お風呂での温浴のあとに、麻痺があった足などを動かして屈伸運動をさせて足をたくさんうごかしてあげるのも良いでしょう。

まとめ

ミニチュアダックスが一度ヘルニアを発症してしまうと、悲しいことに再発する確率がかなり高いといわれています。特に内科的治療をした場合に高くなります。

そこで、治療をするときには「内科的治療をするのか」「外科的治療で悪いところをとるのか」「手術となると麻酔や費用などが心配」などなど、飼い主さんはいろいろと心配なことがたくさんあると思います。

そんな時は、信頼できる病院の先生に相談して、きちんと納得できる治療ができるように前もっていろいろと治療法について調べておきましょう。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床