ミニチュアダックスがヘルニアになった時の症状

ミニチュアダックスは、短い脚と長い胴という体型のため、ヘルニアになりやすい犬種だということは、ミニチュアダックスを飼っている方ならほとんどの方が知っていることと思います。

ヘルニアというのは、体の中の組織が、本来とは違う場所にずれてしまっているということであり、椎間板だけでなく、腹部のヘルニア、鼠径ヘルニアなどがありますが、ここではミニチュアダックスに多い、椎間板ヘルニアのことを説明します。

椎間板ヘルニアというのは、背中から腰にかけての骨の間にある脊髄や神経が圧迫されて痛みがでたり、麻痺がおこったりします。

今回、ミニチュアダックスがヘルニアになった時の症状についてご説明します。

スポンサードリンク

ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは、85%が背中から腰にかけての骨で起こるといわれていますが、頚椎のあたりの椎間板に起こることもあります。

部位によって症状の出る場所は変わりますが突然発症するといわれている「ハンセン1型」と少しずつ進行する「ハンセン2型」があります。

「ハンセン1型」は、背骨の間でクッションの役目をしている椎間板に、強い力が加わったことで椎間板の中身が飛び出して脊髄を圧迫して起こるものなので、若くても起こる病気です。激しい運動、ジャンプしたり段差を飛び降りたり、あるいは肥満によっても起こります。

「ハンセン2型」はシニア犬におおく、長い時間をかけて背骨に負担がかかってしまったことにより起こるといわれています。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスがヘルニアになった時の症状

もしこれらに該当するようであれば、動物病院等に相談していただけたら幸いです。

まずは、具体的な初期症状を以下に列記しております。

歩き方がいつもと違う
抱き上げると「キャン」と痛そうな声をあげる
歩くのを嫌がる

症状が進んでいる場合であれば以下に該当する可能性があります。

足を引きずって歩く
うまく立てなくなる
激痛でからだをさわられるのを嫌がる

症状がかなり悪化した場合は以下です。

患部の神経が麻痺してしまい、痛みを全く感じなくなってしまう
排尿などするための神経も麻痺してしまい、おしっこを漏らしてしまう

とっても怖いですね・・・。

飼い主さんにとっても、ミニチュアダックスにとっても非常に深刻な事態になってしまいます。

「ハンセン2型」の場合はすこしずつ進行するので、痛みや後ろ足に少し麻痺が出るという症状がほとんどで、立てなくなったり歩けなくなったりするのはあまりないでしょう。

まとめ

ヘルニアにはいろいろな原因がありますが、まずは病気を未然に防ぐためにできることを簡単ですがご紹介します。

その解決方法は肥満を防ぐために、適度な運動、そしてバランスの取れた食事を与えることです。

かわいいからと、ついついオヤツをあげすぎてしまったり、階段などの段差を上り下りさせてしまったりしてしまいますよね。

そんな気持ち、私もよく分かります・・・。

ですが、かわいいからこそ、愛しいミニチュアダックスのために、健康的な生活を遅れるような習慣を身につけられるように食事のバランス等に配慮していただけたらと思います。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床