愛嬌のある胴長の体型でペットとして人気のあるミニチュアダックスですが、その愛嬌のある体型のために、ヘルニアになりやすい犬種だともいわれています。

もし、大事な家族であるミニチュアダックスにヘルニアかもしれない症状がみられたらどうすれば良いのか少し戸惑うかもしれません。

例えば、歩くときに足を引きずる、抱き上げたときにキャンと鳴く、歩くのを嫌がるなど、いつもと違う様子がみられたら、なるべく早く動物病院で診察を受けたほうが良いです。

それでは、もし、ミニチュアダックスがヘルニアかも!と思ったらどのような病院を選んだら良いのかご説明します。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのヘルニア治療に適した病院をさがす

IMG_0906出典:実家の愛犬オリーブ
まず、飼っていらっしゃるミニチュアダックスにヘルニアの疑いが症状として出てきた場合、なるべく詳しい検査のできる、相応の設備が整った病院を探したほうが良いでしょう。

ヘルニアはレントゲンだけでは正確な診断ができないので、詳しい検査が必要になった場合、MRIやCTなどの設備がある病院だと安心です。

もしヘルニアと診断され治療することになった場合、手術になることも考えると、ヘルニアの手術の実績のある病院であることも大切なことです。

病院のHPなどをみると、その病院が得意とする治療などが載っていたりするのでインターネットであらかじめ調べてみましょう。

そして、ヘルニアの治療には時間と費用が掛かってきます。

ヘルニアの進行具合にもよりますが、通院もある程度の回数かかることを考えると、あまり自宅から遠かったり、治療費があまりにも高額だったりする病院だと、通いきれなくなってしまったりすることもあるので、よく調べてみる必要があります。

相談に真摯な対応をする病院の見極め方

そして、以下の様なポイントに留意して下さい。
◯きちんとした説明をしてくれるのか
◯良いことも悪いこともきちんとはなしてくれるか
◯ヘルニアのことだけでなく、ミニチュアダックスの全身をきちんと診て、体重測定や検温、日頃の生活のことなども相談に乗ってくれるか

これらのポイントもとても大事なことです。

初めて病院にかかったときは、何か疑問に思ったことは遠慮なく質問してみましょう。

その質問に対してきちんと答えてくれる病院は良い病院だと言えるでしょう。

まとめ

一度発症すると再発しやすいといわれているヘルニア。

なるべくならなりたくない病気ですが、もしなってしまったら、安心して大事なミニチュアダックスを預けられる病院を探すのはとても大事なことです。

近所にミニチュアダックスを飼っている人がいる場合など、いろいろな情報交換をしたりすることも良いかもしれません。

同じ犬種を飼っていると、悩みだけでなく嬉しいこともわかりあえたりすると、嬉しいですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床