ミニチュアダックスのヘルニア手術後のケアについて

ヘルニアを発症してしまったミニチュアダックスの手術も無事に終わり、ほっと一安心している方、ケアの心構えはバッチリですか?
ミニチュアダックスのヘルニアは手術も重要ですが、手術後のケアも同じくらい大切です。
いったいどんなケアが必要なのか、今回はお伝えします。

スポンサードリンク

ミニチュアダックスのヘルニア手術、ケアはなぜ必要なの?

2285316317_e688009b86

出典URL:http://farm4.static.flickr.com/3050/2285316317_e688009b86.jpg

手術が必要なヘルニアの場合、脊髄神経を変形した軟骨が圧迫していたり、はみ出した髄液が神経を圧迫している状態です。そのため原因となる部分を切除することで、神経を圧迫する要因を取り除きます。
外科手術を行うことで大元の原因はなくなりますが、神経に受けたダメージがは手術で一気になくなるものではありません。

また、炎症の悪化や手術後の大事を取ってしばらく安静が続きます。
その結果、ミニチュアダックスは全身の筋力が衰えてしまいます。
そのため神経の炎症や、衰えてしまった心身の機能を復活させるため、手術後のケアが必要になります。

病院で行うヘルニア手術後のケア

まずは手術後に定期的に動物病院に通院して、経過を診察してもらいます。
手術後のケアは、ミニチュアダックスの術後の経過によって炎症を抑える薬の処方やレーザー治療を行います。
ヘルニアの症状によっては自力で排泄することが難しい場合もあるので、排泄の処理も行います。

また場所によっては鍼灸治療を受けられることもあります。
専門の設備がある動物病院の場合は、歩行訓練や水泳などのリハビリを行います。
痛みを和らげ、低下した身体機能を復活させるためのリハビリがメインになります。

スポンサードリンク

家庭で行うミニチュアダックスの手術後のケア

ヘルニア手術後のケアは、一週間に一回か二回のペースの通院をしながら病院で行いますが、それ以外にも家庭で毎日行えるケアがあります。

まず、温浴やマッサージができます。行う際はミニチュアダックスの身体が冷えすぎないように注意します。
痛みが激しい期間は血行が良くなると痛みが激しくなるので避けますが、安静の指示が出なくなったら血行をよくするために温めた方がケアにはもってこいです。
温浴はミニチュアダックスが入れる程度の容器に38℃前後のお湯を入れ、特に腰を念入りに温めます。その後湯冷めしないように手早く身体は乾かしてあげましょう。
マッサージも血行を良くするために行いますが、我流で行うと逆に身体の害になってしまいますので、必ず動物病院や鍼灸院で指導を受けてから自宅で行うようにしましょう。

また、筋力復帰のために少しずつ運動を再開します。激しい筋トレではなく、毎日決まった量をこつこつと積み上げていく散歩が適しています。腰に響かないように平坦で芝生のような平らな場所で5分からスタートしましょう。

まとめ

ミニチュアダックスがヘルニアの手術を受けたら一安心ですが、さらに大切な手術後のケアについてご紹介しました。病院で行うケアもあれば家庭でできるケアもあります。
1日も早く元気が戻るように、できるだけのことをミニチュダックスにはしてあげたいですよね。

ドッグフード ランキング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらが家で飼っている愛犬オリーブです!15歳ですが毎日僕を元気づけてくれます。

LP誘導

可愛い愛犬が滑らない床をご紹介します

可愛い愛犬がご自宅の床で滑ってしまわないような床があります。

愛犬の床